【Ubuntu】NIC Bonding + Bridgeを構築しよう Ubuntu 13.10

皆さん(o’∀’)ノ。+。゚☆Good Morning☆゚。+。ヽ(‘∀’o) 今回はUbuntu鯖構築シリーズの上級者レベル? のことを紹介したいと思います(*・∀・)

今回はネットワークを教えていきたいと思います(*・∀・) え、ネットワーク? 簡単じゃんww と思っている方、多分GUIだと簡単だと思いますが、今回紹介する方法は簡単にネットワークを構築できるNetworkManagerを使用しません(*`ロ´ノ)ノ

今回はNICを3枚刺ししているPCでNIC Bonding(NIC Teaming)とBridge接続する方法を紹介したいと思います(*・∀・)

NIC Bonding (NIC Teaming)とは?

これは複数のNIC(ネットワークインタフェースカード)を1つにまとめて指定の動作をさせる方法です(*・∀・) 例えば、ネットワークカードが片方壊れた場合、もう片方のネットワークカードに切り替えるとかあとは、パケットを分散して1つのネットワークカードの負担を減らすなどの事ができます(*・∀・)

分散処理には複数のネットワークカードに振り分けて送受信する方法などがあります(*・∀・) 今回私が紹介するのは分散処理を行う方法です(*・∀・) ですが分散処理と行ってもちゃんとネットワークが1個ダウンしても自動的に切り替えてくれるので一石二鳥ですね(*・∀・)

Bridge接続するための準備

UbuntuではBridge接続するためにはソフトウェアを導入しないと作動しません。なので導入方法を紹介したいと思います(*・∀・)

下のコマンドを実行してソフトをインストールしてください(*・∀・)

sudo apt-get install uml-utilities bridge-utils

正常に実行できたらこれで終了です(*・∀・)

Bonding + Bridgeを構築する

まずはBondingを使用できるようにします(*・∀・) 以下のコマンドを実行しましょう(*・∀・)

sudo modprobe bonding
sudo echo "bonding" >> /etc/modules

コマンドを実行したら次は/etc/network/interfacesファイルをいじってネットワーク設定を変更しまししょう(*・∀・) これはPCの環境によって変わるので一応私の鯖の例を上げてみます(*・∀・)

まずはファイルを開けるためにTerminalでnanoコマンドを使ってファイルを開きましょう(*・∀・) (nanoがわからない場合はgeditを使う方法もあります(*・∀・))

sudo nano /etc/network/interfaces

これが私の家の構成です(*・∀・)

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet manual
bond-master bond0

auto eth1
iface eth1 inet manual
bond-master bond0

auto eth2
iface eth2 inet manual
bond-master bond0

auto bond0
iface bond0 inet manual
bond-slaves none
bond-miimon 100
bond-mode 6 ←Bondingモード ※下を参考

auto br0
iface br0 inet static
bridge_ports bond0

address 192.168.1.XXX  ←IPアドレス
network 192.168.1.0  ←ネットワークアドレス
netmask 255.255.255.0 ←サブネットマスク
broadcast 192.168.1.255 ←ブロードキャスト
gateway 192.168.1.1 ←ゲートウェイ
dns-nameservers 192.168.1.1 ←DNS

pre-up ifup bond0
post-down ifdown bond0

※Bondingモード

これはBondingするときにそのNICたちに何をさせるかを指定するためのモードわけです。
分散処理とバックアップ機能を使うので私はMode 6を使用しています( ‘艸`*)

別のモードを使いたい場合は以下のページを参考にしてください( ‘艸`*)
http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/linux/mainstream/support/doc/option/nic/bonding_diff.html

ネットワーク設定が完了したら再起動( ‘艸`*)

おまけ:NetworkManagerを削除

これは削除する必要はないが私は削除することをお勧めします(;´・ω・) 実はこれ、GUIで設定できるので便利なのですが、設定を勝手に上書きしてしまうという厄介者なので無効にして削除しておきましょう( ‘艸`*)

※WiNtUはこれの勝手な設定変更で手こずった経験があるので(;´・ω・)

スタートアップを無効にしましょう( ‘艸`*)

sudo service network-manager stop
sudo update-rc.d -f network-manager remove

次に以下のコマンドを実行してアンインストールしましょうアッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

sudo apt-get remove network-manager

これで完了です( ‘艸`*)

今回のUbuntu鯖構築シリーズはどうだったでしょうか( ‘艸`*) もしわからない場合はコメントしていただければ、こたえられる範囲内なら回答します( ‘艸`*)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください