インドネシアのスマートフォン・タブレットについて書いてみた

皆さんこんにちは(*^▽^*) ジャカルタにきてパソコンに触れることが少なくなって情報がつかめないうぃんつですヽ(゚▽、゚)ノ

今回は海外のスマートフォン・タブレット事情ということでインドネシアのジャカルタでのスマホやタブレットについて書きたいと思います!!

インドネシアは案外知られてませんが人口が多い国ランキングで中国やインドに並んで第4位ですヽ(゚▽、゚)ノ そして今、世界から注目されているジャカルタは著しく成長して、私が住んでいる周りに高層マンションやショッピングモールなどの建物が建設中で、建設ラッシュみたいです。

インドネシアでは日本で人気のLineやカカオトークなどのアプリがはやっており、スマートフォンも売れているようです。ですが、日本とは違い、スマートフォンは高いものばかりです・・・ 日本では電話会社のキャンペーンなどで高いスマートフォンが気軽に買えるのに対して、ジャカルタではそんなのがあまりなく、原価で買うことが多いらしいです・・・

日本で有名なiPhone5はジャカルタの人に聞くと、日本の円にすると8万円近い値段らしいです・・・それに対してGalaxy 4はインドネシアでは売れてるようで、元々家電といえばサムスンとLGという感じでインドネシアにサムスンが人気だからという影響もあります・・・

ジャカルタで売れているスマートフォンの中にBlackberry(ブラックベリー)のシリーズがあげられますヾ(⌒▽⌒ )ノ

images-1

Blackberryは日本ではなじみのない名前ですが、世界では結構人気でジャカルタでの人気の理由は、安くて高機能なスマートフォンだからです。Blackberryの主な特徴はキーボードがついている携帯です。 そして自社製のOSを使用している見たいです。 そして値段が安いことです。私がポケットwifiを買ったプロバイダーで売っていたもので一番安いのは1万円もしませんでしたヾ(⌒▽⌒ )ノ

ジャカルタでは今SNSの人気がすごくてまだまだスマートフォンは売れるみたいですね・・・

次にタブレット事情ですが、タブレットはまだまだ普及していないのかな・・・? タブレットを持っている人は日本と同じくそこまで持っている人がいないことです。ジャカルタでタブレットを外に持ち出している人は少しリッチなショッピングモールなどにいます。ですが、私が見ている中では大人より子供が持っていることが多いのが今でも不思議です・・・

私の親戚にも小学1年生にiPadを持たせている人や、3〜4歳の子供にGalaxy tab 2を持たせている人もいました。

ジャカルタでは子供にタブレットを使って教育させている人がいることが推測できますがまだそこはわかりませんヾ(⌒▽⌒ )ノ

タブレットの場合iPadかGalaxy tabを持っている人が多いです。タブレットは主に裕福な方が持っている傾向があり、まだ値段も安くはありません・・・ ですが今後日本みたいにスマホやタブレットが買いやすくなるように願いたいですねヾ(⌒▽⌒ )ノ

なんかぐだぐだと書いてしまいましたがジャカルタの今の現状ですヾ(⌒▽⌒ )ノ 大きなスマートフォンのマーケットとして見るのもいいかもしれませんね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください