玄人志向のGTX 650を買ってきた【商品レビュー】

皆さんおはようございます♪ヽ(o^─^o)ノ 今回はYoutubeで500人突破したので今回は家族で食事ついでで衝撃買いをしてしまった玄人志向のGF-GTX650-E1GHDの紹介です(*・∀・)
私がMark ISに行った時にPC DEPOに駐車して駐車料金を無料にしようと1000円くらいのアクセサリーを買おうと思ってみていましたが、自作PCパーツコーナーで1万円を切っていたグラボに一目惚れしてしまいました(;´・ω・)

それが今回買った玄人志向のGTX 650です(*・∀・)

GTX 650はグラボの区分け的には真ん中よりは少し上で最新のハイグラフィックを除くゲームは出来るみたいです(*・∀・) 私はMinecraftと動画編集ができればいいので今回は買いました(*・∀・)

価格

最初に価格差です(*・∀・)
価格はGT 610は大体4000円前後です 今回買ったGTX 650は1万円前後なので価格差は6000円となっています(*・∀・)

この金額差はひとによって高いか安いかは異なりますが、少し良い物を買おうと思えば価格的にもそこまで高く無いと思います。

今回買ったものはPCデポで1万円を切っていたのでついつい買ってしまいました:(;゙゚’ω゚’):

性能・スペック

次にスペックの比較です(*・∀・) スペックはやはりゲームをやるため動画編集するためのPCを組む時にはやはりスペックがそれなりにないと出来ませんよね(*・∀・) 今回はGT 610 VS GTX 650のスペック対決をしたいと思いますヽ(`▽´)/

TDP

GT 610: 39W    GTX 650:64W

プロセッサコア数

GT 610:48個    GTX 650:384個

メモリクロック

GT 610:1800MHz相当    GTX 650:5000MHz相当

コアクロック

GT 610:810 MHz    GTX:650:1058MHz 

ベンチマーク

GTX 650

2

GT 610
キャプチャ

 

結果

省電力と静音性を重視する場合は性能はそこまでないですが、Youtubeで1080pが再生できるのでそこまでゲームや動画編集をメインとしていない場合はファンレスで最大でも39Wしか消費しないのでそういう人にはお勧めできるのはGT 610付近のモデルです(*・∀・)

少しオンラインゲームをやるとか動画編集をしたい方は少しグラフィック性能をあげたものがいいと思います(*・∀・)
上のスペックから見るとやはり安いGT 610よりはGTX650が断然性能が上です(*・∀・)
ですが、GTX 650では最新のハイグラフィックゲームをやる方はもう少し上のグレードのGTX 680などをおすすめします(*・∀・)
私みたいなちょっと複雑な動画編集をしたい方はお手頃なGTX650をお勧めしますヽ(`▽´)/

開封動画

購入

今回紹介した2つのグラフィックボードのAmazonリンク貼っときます(*・∀・)

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください