About&Contact   Youtube   Gamio!   Profile

OS X El Capitan Public BetaのインストールUSBメモリの作り方


皆さんこんにちは( ‘艸`*) WWDC 2015で発表した次期OS Xである「OS XEl Capitan 10.11」ですが、先日Apple Beta Software Programが更新されて、だれでもEl Capitanのパブリックベータ版が入手できるようになりました!

なので今回は、El CapitanをMacにクリーンインストールするときに便利なEl CapitanのインストールUSBメモリの作り方を紹介したいと思います( ‘艸`*)

*追加*

OS X El Capitan 正式リリース用インストールUSBメモリの作成方法

※まだEl Capitan Public Betaを持っていないという方は下のリンクからApple Beta Software Programのサイトへ飛び、登録を済ませてください(´・∀・`)

Apple Beta Software Program

8GB以上のUSBが必要なのですが、持っていないという方はこちらを購入してみてはいかがでしょうか(ノ∀`)

作成方法

1.最初に Apple Beta Software ProgramからEl Capitan Public Betaのシリアルコードを入手し、Mac App StoreからEl Capitanをダウンロードして下さい。

2.8GB以上のUSBメモリを用意し、予めディスクユーティリティでフォーマットし、USBメモリの名前を「USB」と指定してください(´・∀・`)

3.ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力してください(ノ∀`)

4.あとは、ターミナルに「Done」と表示されたら完了です(ノ∀`) USBメモリからEl Capitanのインストーラーを起動したい場合は、Macを再起動して、起動音とともにキーボードのOptionキーを押して起動させてください(ノ∀`)

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

この記事も見る?

Tagged under: , , , , ,

コメントを残す

Back to top