OS X El CapitanのインストールUSBメモリの作り方

皆さんこんにちは(・∀・) 今日、Appleから新しいOS X であるOS X El Capitan(OS X 10.11)がリリースされました(^o^)

なので今回は、パブリックベータ版で紹介した、クリーンインストールの時に便利なインストールUSBメモリの作り方を紹介したいと思います(o・∀・o)

用意するもの

El CapitanはMac App Storeでダウンロード可能なので、先にダウンロードを済ませておいてください(o・∀・o)

もし、8GB以上のUSBメモリがない場合は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか(●´艸`)

インストールUSBメモリの作成方法

1.Mac App StoreからOS X El Capitanをダウンロードを済ませておいてください。用意した8GB以上のUSBメモリをディスクユーティリティでフォーマットしてください。その際にUSBメモリの名前を「USB」にしてください。

2.フォーマットが完了したら、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行してください(●´艸`)

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app --nointeraction

3.ターミナルに「Done」という文字が出てきたら完了です! インストールしたいMacにUSBメモリを接続し、Optionキーを押しながらMacを起動し、USBメモリを指定することでインストーラーを立ち上げることができますヤタ───ヽ(・∀・)ノ───!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.